hotchpotch

めっちゃ自分用ごった煮

Funk-a-lismo! vol.10 - 2016年06月12日 渋谷Club QUATTORO

ツアーファイナル2日目最高でした!

 

 

今日はちゃんと15分前には着いてロッカーに荷物を入れ、呼び出しを待機することができました!小学生か。昨日より開場時間に来ているひとが多かったのか半分くらい若い番号なのに昨日とほぼ同じ場所にいるふしぎ。

 

お三方はやっぱり臙脂のスーツにナガイケが白地赤ストライプシャツ、モビーがストライプシャツ、リーダーがピンク地水色ドットのタイ、コヤマが黒シャツってことしか覚えていない……とても中途半端。

 

昨日は後半だったアウェイが1曲目。セトリは半分くらい入れ替え。

きのうは「思ったことなんでも言ってたらレキシの池田スタイルになっちゃう」って言ってたけどきょうはナガイケのアップライトベースを指して「人を踊らせる武器。人を傷つける武器。……どっちが好き?」と唐突に狩りから稲作への替え歌が始まるwもちろん演奏つきで。器用だなあ。どっちもBUKI~だけど「もちろん踊らせるBUKIのほうが好きだよな!?」と曲になだれ込む。もう何度でもいう、といってもまだライブで聴くの3回目だけど、BUKIほんっとかっこいい。毎回やってほしい。2回目サビで白スーツ氏と目が合ってど真ん中撃ち抜かれた(と思っている。思うだけならただである)ので死んだ。

Na Na Na Na Naではナガイケがアップライトベースだきかかえるようにして歌ってたのがかわいかった。

チャンプレコード過去曲コーナーは太陽と女の子、恋の彗星、おんな。いやはや夏だな!太陽と女の子でリーダーに向かって泳ぐコヤマ、についていくナガイケの図がかわいい。シンガロング部分が楽しくて好きです。恋の彗星始める前にコヤマが彗星の軌道みたいなの宙に描くの素敵。恋がつくスクービーの曲好きなんだよな。とくに恋は魔法が好きなのでそのうちやってくれないだろうか。おんなも楽しいよね。コヤマが後ろ向いてジャケット半脱ぎになってるの肌の露出はないのにとてもえろい。リーダーつんつんしてたのもおんなだっけ?コヤマがちょっかい出しに行ってリーダーがちょっとやれやれみたいな顔してんの見てると仲良いなあってにこにこしてしまう。「名曲しかない、いや超名曲しかないだろ!年1ペースで出してるけど天才作曲家リーダーのおかげ!」ってこの流れでリーダーは腰高で手振ったのか。きょうは両手ちっちゃく振っててやっぱり大層かわいかった。気に入ったのなら毎度やってくれて一向にかまわないよ!

初日に明日も言うだろうけど、と前置きしてたとおりまた「ライブハウス来るのやめるなよ、多少無理してでも来たほうがいい。お前ら音楽好きだろ、ロックンロール好きだろ、ライブハウス好きだろ、SCOOBIE DO好きなんだろ!?それ全部最高だから手放すなよ!ヨボヨボになっても来いよ、プラワンなら面倒みてやるから!」とコヤマ。もうライブハウスに行かない生活が想像できないもんね。彼らより早くヨボヨボになることはないけども。コヤマの言うもやもやをきらきらに、ってことば、何度聞いてもぐっとくる。

「みんなスクービーに会いたい人だろ、俺らはスクービーに会いたい人に会いたいんだ。みんなライブだとやってくれ!って目で見るだろ、フェスとかだとかましてやってくれ!って目で見るだろ、その目で見られるとね、メーター振り切れちゃうんだよ。でもそんな俺が好きです。」わたしも大好きです!!!メーター振り切れちゃうってパンチラインすぎるわ。萌えすぎて血を吐くかと思った。

「ひとにお客さんすごいですね、ってまず言われるんだよ。えっ俺たちじゃないの、って思うんだけどでもそれが嬉しい。だれもステージ見てない感じがいい、野音の後ろのほうなんてみんな酒飲んでたって言われたけどそんなプラワンを誇りに思う。これをプラスワンモーに」とIt's A New Day。ほんと名曲。もう語彙がないんでてんでダメだけどどれも超名曲だから仕方ない。

これも何度か言ってるけどロックンロールは未定でコヤマがナガイケの足元にすべりこむのほんと好き。

昨日はBack On恒例のコヤマが客と手をたたくのがなくておやってなったんだけど今日は思いっきりダイブしてきて昨日はなんだったんだ!と思いました。ジャケットがちょっと湿っているのにきゅんとくるタイプ。

 

告知の天才とかなんとかめっちゃ言われるも「告知始めたのこのツアーだけですからね。噛みまくりのつたない告知をきいて下さってありがとうございます」と謙遜しつつしっかり告知するモビー。ちょっと噛んで笑っちゃってたけどかわいいから全然よし。コヤマが「対バン相手言いたいけど言ったらモビーに殴られるから」と言ったときの腕組んでちょっと険しい顔してみせるモビーかわいい。そして「アフロにされちゃう、来世でもやだ!」とアフロを断固拒否するコヤマ。マンスリーシリーズが気になって気になってたまらん。コヤマがナガイケとリーダーに話振ったのふたりとも自分がふられると思ってなかった感じでコヤマの「絶対来た方がいいよな」をたどたどしくおうむ返ししててかわいかった。

ツアー本数がチャンプレコード立ち上げてから最高の30本近く*1らしいけど序盤のさいたま、ファイナルの渋谷と3か所参加して、さいたまももちろん最高だったんだけどますますかっこよくなってて、でもコヤマは「もっともっとかっこよくなるから!」と言っていた。惚れるしかない。昨日今日ってほんとバンドに自信が満ちていて、それが音からも言動からもばしばし伝わってきて、おれたちのSCOOBIE DOはこんなにかっこいいんだぞ!って自慢して回りたいきぶん。

 

アンコールはつづきのメロディーと3人がラップするやっぱ音楽は素晴らしい。ダブルアンコールで夕焼けのメロディー。ダブルアンコでナガイケがベストも脱いで出てきた時の悲鳴、すごかったね。色男、すごいね。ダブルアンコはなんかコヤマもそれこそメーター振り切ってる感じですごかった。とても楽しい二日間でした。なによりツアーお疲れ様!!!ありがとうございました!!!!!

11月はあまり行けないだろうし来年もあまり行けないだろうしちょっと先を思うとしんどいんですけどFUNKY4はもっともっとかっこよくなって待っててくれるだろうからとりあえず今年行ける分だけ行っていろいろチャージしたいと思います!

あっ完璧蛇足ですがきょうのコヤマはガンガン煽ってきてとてもえろかったです!!!

 

 

 

*1:モビー「メンバー全員怪我も病気もなく!アンコールを残すだけとなりました!」