hotchpotch

めっちゃ自分用ごった煮

-SHELTER 25th Anniversary Kick Off GIG- 「BATTLE 60×60」 - 2016年1月21日 下北沢SHELTER

今年初のチケットの日付が2016年のライブであった。

いやあ楽しかった。

 

8月のイエスタと恭一さんのBATTLE60×60以来のシェルター。

19時15分開場と遅めなので余裕かましてたら乗換ミスって結局30分くらいに到着。せっかく先行で早い番号とったのに台無しである。完売ということで人が多いけどまわりを50回転ズのTシャツに囲まれててちょっとアウェイ感を感じたけど杞憂だった。

 

キャロ先行。チビは人が多いと埋もれちゃうんだけどウエノは背が高いのでわりと見えるな、なんて思ってたら真也がスーツじゃない……!?スーツ……3人ともスーツ着てるキャロは何処へ……。ウエノさんも白シャツ着てくださいよ!!!!!武藤ウエノでは黒だけどシャツ着てるじゃないか!!!カタチも大事なんですよ!!!

とはいえバンドの神髄は演奏なのでその点はもう言うまでもなく最高だった。毎度毎度面白味ない感想だけど最高なもんは最高。久々にHURRY UPも聴けたし。

そしてやはり序盤で弦を切るパッチ。見慣れないテレキャス出てきたなと思ったら50回転ズのダニーさんのだったのね。「Charleneでテレキャス使ったらかっこいいだろうなと前から思ってたんだよ」と言って嘘つけ―!と野次られるパッチ。いやでも今回のぱっちかっこよかったんだよ。いつもかっこいいけど!本人もかっこいいって言われて「俺も今日かっこいいなって思ってた」って言ってたし!マシンガンギターで撃ち抜かれました。

真也は座ってから全然見えなかった。でも喋ってた。「照明さん……この照明じかに当たりすぎて溶けそうなんですけど……まあいいか」っていいんかい。パッチが「俺だったら痩せていいんだけど真也はこれ以上細くなると骨になっちゃうから」みたいなこと言ってたけどべつにパッチ普通だと思うぞ。リズム隊がほっそすぎるだけだぞ。

ウエノはわりとよく吠えてた。活きの良いウエノだった。めっちゃにこにこしてたし。良き哉。手元よく見えなかったのが心残り。そいや最後のほう指舐めてたけど切ったの?大丈夫?えろいよ?

まさかの被りが起きたHARISSに関して言及もあり。「あんまりこういうこと言いたくないけど……渋谷も行きたかったね」ってほんとだよ!なんでここ被るかな!「休止って言ってるけどどうせこれで最後なんでしょ?ぱあっとやろうよ」て言ってたけどなんて縁起でもないことを!キャロも帰ってきてくれたんだからロックンロールマジックを信じさせておくれ。そうハリス3days、19日はキャロ出るってぴあが先走ったせいでわかってたから発売されてすぐぴあで買ったんだけどローチケだと通し券あったんだ!?正式発表された面子が3日間とも俺得でもっと早くわかってたら通し買ったんだけど!!!悔しい!!!2日目の武藤さんゲストってなにさ!!!後悔先に立たずだけども。とりあえず1日目のもうひと組の発表を楽しみに待ちます……。

話が逸れた。ハリスの話のあとのFOR THE BOYでなんだか泣きそうになってしまったけど満員のフロアでキャロ観るのってめっちゃ久しぶりだったので盛り上がってて楽しかったなあ。あとやっぱ1時間だと単純に曲数多くて良いわ。

 

後攻ザ50回転ズ。もちろん名前がかねがね耳に目にしていたのだけど実際観るのははじめて。夏に来た時もこの辺にいたなあと思いつつドリンク交換したまま上手の後ろの方にいたので全然ステージは見えなんだ。歌詞もすっとはいってくるし音はかっこいいしエネルギッシュで楽しいし良かった。今度は荷物を持ってない状態で踊り狂いたい。曲名わかんないんだけどVinyl Change the Worldのひとつ前の曲が好きだったな。

客電がついてもう終わりかと思ったところでのアンコール、ロックンロール・マジック最高でした。階段上る寸前であと少し遅かったら外出ちゃってただろうから聴けて良かった。

ロックンロールって良いなあ。ロックンロールに出会えてよかった。恥ずかしげもなくそんなこと言いたくなる夜であった。少なくともわたしの世界は一枚のレコードに魔法かけられて変わっちまったけどおかげでとっても幸せです。